銀行口座を整理!大手銀行を解約して3つだけに!

銀行口座を整理!大手銀行を解約して3つだけに!

 

もさこ
手取り17万円の貧困アラサーもさこです。こんにちは。

 

銀行口座が多すぎ、いくら入っているのか不明、という無意味なストレスから解放されるべく、銀行口座の整理を行っています。

 

前回の記事では、貯金口座になっていたみずほ銀行を解約して、5+2つの銀行口座に絞ったことをご報告しました。

 

▼銀行口座を整理した話①

あわせて読みたい

 もさこどうも。手取り17万円で年間100万円を貯金する節約アラサーもさこです。 この年齢になって初めてミニマリストに憧れております。 その影響で、物が多くて[…]

多すぎる銀行口座を整理して用途を明確にしてみた

 

今回はさらに、支払いの変更もして大幅に整理しました。

 

スポンサーリンク

【おさらい】前回整理後の銀行口座

 

前回整理したときの銀行口座とその用途は以下の通り。

 

  1. 三菱UFJ銀行→給与振込、電気・ガス引落
  2. ゆうちょ銀行(総合)→生活防御資金用
  3. じぶん銀行→定期預金用
  4. 住信SBIネット銀行→株式投資用
  5. 楽天銀行→投資信託用

 

今後解約したい銀行口座は以下の2つ。

 

  1. ゆうちょ銀行(定額定期)→定期預金の満期待ち
  2. 地方銀行→前職の退職振込金待ち

 

最終的に5つにしたい、と記事には書きましたが、それでもやっぱり多いと感じて、今回の資金大移動に至りました。

 

解約したい銀行口座

 

今後解約する予定のゆうちょ銀行(定額定期)と地方銀行の2つ以外に、解約したいと思ったのは以下の2つ。

 

  1. 三菱UFJ銀行
  2. ゆうちょ銀行(総合)

 

そう、大手を解約したいのです。

何故かというと、普通預金の金利が低すぎるから。あとは、クレジットカードや証券会社との連携でプラス要素がないから、ですね。

 

三菱UFJ銀行は今まで給与振込口座やクレジットカードの引き落とし口座として使っていましたが、三菱UFJでないといけない理由はありません。

ゆうちょ銀行も、ここ10年ほどは全くと言って良いほど使っていませんでした。

 

ただし、面倒なのが各種手続き。

クレジットカードの引き落とし先変更やら、会社に給与振込口座の変更を届け出たりと、気が進みません。

 

が、この度転職して会社が変わったタイミングで、振込口座も変更してしまいました。

クレジットカードはものによってはWebで手続きもできますし、思い立ったが吉日!サクッと進めてしまいましょう。というわけで、1日ですべて変更しました。

 

整理後の銀行口座と使い分け

 

それでは、第二回銀行口座 大整理大会の結果です。(なんじゃそりゃ

 

  1. 住信SBIネット銀行→給与振込口座
  2. 楽天銀行→クレジットカードを始め各種支払い口座
  3. じぶん銀行→定期預金用

 

①住信SBIネット銀行

新たに給与振り込み口座として設定。

SBI証券口座とも連携しているので、投資資金に回しやすいのもメリットです。

ハイブリッド口座なら金利も大手より10倍高い!

 

②楽天銀行

開設後、放置していましたが、この度全開で働いていただくことにしました。

楽天カード、楽天証券と連携してポイントゲットです。

 

電気やガスの支払いもここから。

また後日ご紹介しますが、この口座を使って1年分の生活費の先取り節約生活をしようと思っています。

 

③じぶん銀行

こちらは変更なく定期預金用です。

リスク分散ということで、定期預金は続けていきたいのでこの口座を使います。

 

スポンサーリンク

銀行口座の整理 まとめ

 

銀行口座を整理したら3つに減らすことができました。

支払いが残っていたりと、他の口座はまだ解約できていませんが、順次解約予定です。

 

6月くらいには解約予定の4つのうち2つは手続きまで済ませたいと思います。

 

お金がたくさんの銀行口座に少しずつ入っていたりと、整理が大変でした。

引き出しの手数料も考えつつ、無料で資産を移動できました。

 

銀行口座が増えてからだと手間がかかるので、安易に増やさないのが賢い選択ですね。汗

開設する前に、金利やカードとの連携もチェックするのが良いでしょう。

 


スポンサーリンク
>人気シリーズ「超初心者の株式投資日記」

人気シリーズ「超初心者の株式投資日記」

貧困アラサーが100万円を元手に株式投資に挑戦。その実録を大公開!