2カ月で2つのブログをGoogleAdSenseに合格させた9つのポイント

 

 

年々厳しくなっていると言われるGoogle AdSenseの審査。

 

難しいよ!と脅されているブログ初心者の皆さん、安心してください。

 

昔と違って、

運営期間や記事数が少なくても、ポイントさえ抑えればGoogle AdSenseに合格できます。

 

むしろ、記事数が少ない新しいブログの方が合格しやすい、とまで言われています。

 

この記事では、

これだけ抑えていればGoogle AdSenseに合格できるポイントを解説しています。

 

 

もさこ
もさこはこのポイントを守って、2カ月で2つのブログをアドセンスに合格させたよ♪

 

 

 

 

スポンサーリンク

2カ月で2つのブログをGoogle AdSenseに合格させた9つのポイント

 

 

私が2つのブログをGoogle AdSenseに合格させたときに抑えたポイントは9つだけ!

 

  1. Google Search Consoleに登録
  2. グローバルメニューの設置
  3. 記事数は2000文字以上を7〜10記事
  4. 3つのカテゴリーにバランス良く記事を入れる
  5. ブログの運営期間は1週間以上
  6. NGワードは絶対に入れない
  7. 他のアフィリエイトは控える
  8. 画像はフリー素材かオリジナル画像
  9. 404エラーページのインデックス削除

 

 

 

それぞれを詳しく解説していきましょう。

 

① Google Search Consoleに登録

 

ブログの存在を早くGoogleに認識してもらうため、ブログを開設したらすぐにGoogle Search Consoleに登録します。

 

登録しなくてもサイトは検索結果に載るようになりますが、それだと時間がかかります。

 

いずれ活用するツールですので、ブログを開設後すぐに登録しておいて損はありません。

 

また、

ただ登録するだけではなく、記事を更新するたびに「インデックス登録」をして、より早くGoogleのブログを認めてもらいましょう。

 

 

② グローバルメニューの設置

 

ここで言うグローバルメニューとは、プライバシーポリシー・運営者情報・サイトマップ・お問い合わせフォームの4つです。

 

特に大事なのが、プライバシーポリシーです。

 

プライバシーポリシーはGoogle AdSense合格後やアフィリエイト導入後は必須の項目ですので、ブログ開設時に用意しておくと良いでしょう。

 

プライバシーポリシーはコピペでもかまいません。

 

実際に、私のブログは2つともコピペでした。

 

また、運営者情報も数行程度の自己紹介で大丈夫です。

 

 

 

③ 記事数は2000文字以上を7〜10記事

 

最近のGoogle AdSenseの合格傾向として、記事数が少ない方が合格しやすくなっています。

 

報告を聞く限り、最低記事数は3記事とのこと。

 

記事数は3記事以上であれば良いと思われますが、記事数少ないなら文字数は多くする方が無難です。

 

昔は1記事2000文字以上と言われていましたが、今はブログ全体の文字数でコンテンツ量を見ているように思われます。

 

つまり、

記事数が少なくても文字数が多ければアドセンスの合格基準に達するという訳です。

 

私の経験からすると、2000文字以上の記事が7〜10記事あれば、コンテンツが少なくてアドセンスが不合格になることはないです。

 

 

④ 3つのカテゴリーにバランス良く記事を入れる

 

カテゴリーは3つ用意し、それぞれにバランス良く記事を入れます。

 

このブログの場合で考えると、「貯金」に2記事、「節約」に3記事、「暮らし」に2記事、といった具合です。

 

カテゴリー数は3つ以上でも良いですが、その場合は記事数が偏らないように注意します。

 

 

⑤ ブログの運営期間は1週間以上

 

ブログの運営期間が短いと、Googleはブログの信頼度が低いと判断します。

 

私は必ず、ブログ開設から1週間が経過してからGoogle AdSenseに申請をしています。

 

アドセンスに合格した2つのブログは開設から9日で申請をしました。

 

 

⑥ NGワードは絶対に入れない

 

Google AdSenseのプライバシーポリシーにあるNGワードを記事に使ってはいけません。

 

これはアドセンスに合格した後も同じです。

 

・アダルト表現

・殺人などの死に関わる表現

・暴力に関する表現

・違法性のある事柄に関する表現

・アルコールやタバコ、ギャンブルに関する表現

 

などがNGワードに当たりますが、この他にもグレーゾーンかな?と思う言葉は使わないように心がけましょう。

 

 

⑦ 他のアフィリエイト広告は控える

 

「他のアフィリエイトリンクを貼っていても、Google AdSenseに合格した」という方もいらっしゃいます。

 

しかし、私はリスクを避けたかったので、他のアフィリエイト広告は貼りませんでした。

 

他のアフィリエイト広告は、アドセンスに合格してから貼っても遅くありません。

 

 

⑧ 画像はフリー素材かオリジナル画像を使う

 

引用画像・引用文を含めて、Google AdSenseに合格するまでは他サイトの情報引用は避けた方が無難です。

 

記事内容も引用せずに書けるものを選びましょう。

 

 

⑨ 404エラーページのインデックス削除

 

404エラーページのインデックスが削除できておらず、「コンテンツの不足」が原因でGoogle AdSenseの審査に通らない方が多くいます。

 

インデックスされているページが、アドセンスの審査対象となります。

 

つまり、404エラーで内容のないエラーページがインデックスされたままになっていると、そのページも審査対象となり「コンテンツがない」と判断されてしまうのです。

 

404エラーページがインデックスされているかどうかは、

「site:自分のブログのURL」で検索して、ここに404エラーページが出てきていないかで確認することができます。

 

もし、削除済みだったり下書きに戻したために404エラーとなっているページが、この検索に引っかかるようなら、Google Search Consoleの「古いコンテンツの削除」からページの削除依頼ができます。

 

ただし、削除依頼してもすぐには削除されず、数日かかることがあります。

 

もう一度「site:自分のブログのURL」で検索して、削除依頼をしたページが消えているかを確認してから、Google AdSenseに申請すると良いでしょう。

 

 

スポンサーリンク

 

Google AdSenseの申請後にしたこと

 

 

Google AdSenseに申請して、ただ結果を待つだけではいけません。

 

アドセンス申請後にすること、してはいけないことをまとめました。

 

記事の更新

 

通常、Google AdSense申請時のブログが合格基準に達しているなら、2日以内に合格通知が来ます。

 

2日経っても合格通知が来ない場合は、記事数が足りていない可能性があります。

(上記9つの合格ポイントを守っている場合)

 

そのため、Google AdSense申請から2日後に1記事更新します。

 

その後は合格通知が来るまで1〜2日おきに記事の更新を行いましょう。

 

 

ブログ設定を大きく変えない

 

Google AdSenseに申請したら、ブログの設定は大きく変えないようにします。

 

特にカテゴリーやパーマリンクなどは変えることで不合格になる可能性がありますので、合否結果が来るまではそのままにします。

 

 

 

Google AdSenseの合格ポイントまとめ

 

 

2カ月で2つのブログをGoogle AdSenseに合格させた9つのポイントを解説しました。

 

 

もさこ
9つって結構多いよね。

 

 

ポイントが多いと感じるかもしれませんが、Google AdSense合格には絶対に外せないポイントです。

 

昔は、

・20記事以上ないとダメ

・文字数は2000文字以上

なんて言われていましたが、今はよりシンプルな合格基準になっているように感じます。

 

記事数が少ないブログ初心者には朗報ですので、ブログを始めた今の時期から対策をして、早い段階で収益化の一歩を踏み出してみてください。

 

 

 

 


スポンサーリンク
>人気シリーズ「超初心者の株式投資日記」

人気シリーズ「超初心者の株式投資日記」

貧困アラサーが100万円を元手に株式投資に挑戦。その実録を大公開!