【超初心者の株式投資日記5】とうとう証券口座を開設!

 

初心者が株式投資に挑戦する実録日記、第5弾です。

 

12月に入りましたので、予定通り証券口座を開設しましょう♪

と言っても、証券会社ってたくさんあってどこが良いのか全然わかりません。

有名なところだとSBI証券や楽天証券、松井証券などでしょうか?

でも何を基準に選べばいいのか途方に暮れてしまいました。使い勝手なんて、初心者ではよく分かりませんからね…。

 

これまで何冊か株式投資の入門書を読みましたが、どの本にも株式投資の手数料が安い方が良いとの記載がありました。

単純に手数料だけで決められるものでもないのかもしれませんが、初心者としてはそれしか客観的な指標がないのも事実。

 

という訳で、それぞれの証券会社の手数料について調べてみました。

 

株式投資には現物取引と信用取引の2種類があり、現物取引は元手が実際にあってそれを使った投資。一方、信用取引は要は証券会社に元手を借りて株式投資をすること。

今回はこの現物取引の株式投資の手数料で調べました。

 

それから手数料にも2種類あります

  1. 1つの株注文ごとに手数料がかかるプラン
  2. 注文金額に応じた1日の定額プラン

 

それぞれの手数料を各証券会社で比較してみました。

 

証券会社の株取引手数料

 

 

証券会社の株取引手数料

 

1日に何度も株の売買をするデイトレーダーなどは1日ごとの手数料がお得ですが、株初心者の私は頻繁に注文することもないので1注文ごとに手数料がかかる方がお得かな…。

 

1注文にかかる手数料では、ライブスター証券とDMM証券が1番安いです。

次がSBI証券と楽天証券。

 

中には1日定額手数料のプランしかない松井証券のような証券会社もあります。

総合的に見ると楽天証券がどちらのプランでも安いのですけど、結局私は「SBI証券」に決めました。

 

理由は、

  • 手数料が安い方
  • 利用者数が圧倒的に多い

この2点です。

 

手数料が1番安いという訳ではないのですが、やはり最大手であることから安心感があります。

あとは株式投資をしている父がSBI証券を使っているので、紹介キャンペーンが使えることが決め手でした。

 

それぞれの証券会社で口座開設キャンペーンをしているので、自分にとってお得な証券会社は各々違うかもしれませんが…。

 

そういう訳でなんとなく証券会社を決めましたので、早速口座を開設しました。

 

必要書類は本人確認書類のみ。

しかもスマホで写真を撮って、Webでアップロードすれば良いだけなので簡単!

10分程度で口座開設の申請を出すことができました。

 

あとは書類が届くのを待って、作った口座に投資金を入れたらすぐに始めることができちゃいます。

 

投資する金額は100万円の予定。

まだ株の銘柄も配分も注文時期も決めていないのですが、1年で100万円を投資することは決めています。

 

年明けから始めるので今は情報収集に努めて行きますよ♪

ブログランキング参加中!
下のバナーをクリックして「超初心者の株式投資日記」を応援♪

にほんブログ村 株ブログ 株初心者本人へにほんブログ村

スポンサーリンク
>人気シリーズ「超初心者の株式投資日記」

人気シリーズ「超初心者の株式投資日記」

貧困アラサーが株式投資に挑戦。その実録を大公開!