【2020年5月】貧困アラサーの節約生活【家計報告】

【2020年5月】貧困アラサーの節約生活【家計報告】

 

5月は転職先での仕事始めと、引っ越しとイベント盛りだくさんでした。

その分、支出も多かったのですが、給付金払いにしたものもあります。まだ手続き用紙すら手元に来ていないのに。笑

 

それでは2020年5月の貧困アラサーの節約生活を覗いてみましょう。

 

もさこ
もさこのインスタアカウントはこちら

 

スポンサーリンク

2020年5月の収入

 

給与177,013円
退職金322,930円
交通費立替等34,331円
収入合計534,274円

 

転職しましたが、手取りは17万円と変わらず。

残業や夜勤宿直がないので手当分給料が低いですが、その分仕事は楽です。

 

そして前職の退職金が振り込まれました!

もっと少ないと思っていたので嬉しい!

 

その他の収入は、仕事の交通費の立替分と3月に予定していた海外旅行代が返金されたものです。プラマイゼロです。

 

 

2020年5月の支出

 

固定費

家賃62,330円
水道代1,687円
電気代1,615円
ガス代631円
スマホ代750円
ポケットWi-Fi3,720円
サーバー代1,100円
ガソリン代440円
合計72,273円

 

家賃はまだ前の部屋の分です。

新しい部屋の家賃は来月の給料から天引きされます。

 

電気代とガス代も引っ越し前の分。

引っ越し先はオール電化なのでガス代はなくなります。電気代は時間帯別プランに変えてみたけど、基本料金が高いのでどうなるのか不安です。

今までより明らかに高くなったらプラン変更を考えます。

 

スマホ代は3月に格安SIMをmineoからイオンモバイルに乗り換えてキャンペーン料金です。

7月までこの料金なのはお得。

 

変動費

食費18,945円
雑費7,001円
ペット用品7,261円
お小遣い15,868円
交通費1,150円
特別費2,810円
支出総合計125,308

 

5月は引っ越しで食材を使い切ったため、調味料など一気に買うことになり食費がかかりました。

日用品やペット用品などの雑費も同様です。

 

特別費は通院費と薬代です。

 

 

2020年5月の収支と貯金額

 

収入53,9546円ー支出125,308円=408,966円

約40万円の黒字ですので、40万円を貯金に回します。

 

スポンサーリンク

貯金額推移と6月の家計予算

 

まずは2020年1月からの収支と貯蓄額の推移を見てみましょう。

2020年貯蓄

4月は転職先の給料がなかったので、赤字になっていて貯金も0円でした。

1〜5月の累計貯金額は60万円を超えて、順調ですね。このままいけば今年も貯金100万円を達成できそうです。

 

6月の家計予算は以下のとおり。

 

固定費38,400円
食費・雑費15,000円
お小遣い・ペット20,000円
交通費2,000円
予算合計75,400円

 

6月は食費とお小遣いを予算内に抑えたいですね。頑張ります。

引っ越し先は周囲にお店がないので、無駄遣いは以前よりは減りそうです。やっぱり誘惑が多いとつい使ってしまいますからね。

 

スポンサーリンク
>人気シリーズ「超初心者の株式投資日記」

人気シリーズ「超初心者の株式投資日記」

貧困アラサーが100万円を元手に株式投資に挑戦。その実録を大公開!