【年間150万円で暮らす】手取り年収250万円で100万円貯金する家計管理

【年間150万円で暮らす】手取り年収250万円で100万円貯金する家計管理

 

もさこ
手取り17万円の貧困アラサーです。

 

この時期、新社会人になって一人暮らしを始めたあなた。

お給料が入ったからと言って、すべて使うのは賢い選択とは言えませんよ。

 

使ってしまえばなくなるだけ。

それよりも、貯蓄に回して積立などで資金運用をする方が、のちのちに使えるお金は格段に増えます。

 

ましてや20代ともなれば、定年まで40年以上。

その期間をきちんと貯金して、そのお金を運用して将来に備えましょう。

 

この記事では、手取り年収250万円の私が、年間100万円を貯金する家計管理をお見せします。

新入社員だと同じくらいの手取りだと思いますので、どこにいくら使うかを参考にしていただければと思います。

 

スポンサーリンク

貧困アラサーの貯蓄率は?

 

まずは、貯金貯金と偉そうに言っている私の貯蓄率はどうなんだい?って話ですね。

 

私の手取り月収は17万円ですが、ボーナスや各種手当(住宅手当や通勤手当など)を含めた年間の手取りは約250万円です。(2019年)

 

そのうち100万円を貯金しているので、貯蓄率は約40%になります。

 

きちんと家計管理をしていれば、ごくごく普通の割合に思えるかもしれません。

ですが、250万円のうち100万円を貯金すると残りは150万円。収入が多い人に比べて、貯蓄率でいうと頑張ってる方だと自負しています。

 

年間150万円の暮らし

【年間150万円で暮らす】手取り年収250万円で100万円貯金する家計管理

 

では、年間の生活費が150万円となると、具体的にどんな生活になるのでしょうか?

私の暮らしを例に見ていきましょう。

 

家賃6万2千円
光熱費1万円
通信費5千円
交通費4千円
食費1万円
消耗品5千円
お小遣い2万円
合計11万6千円

 

毎月の生活費が11万6千円なので、1年だと139万2千円。

残りの約11万円は特別費です。

 

それでは内訳を詳しく説明します。

 

家賃

関西都市部の平均的な家賃です。

都内23区だともっと高くなりますね。逆に地方だともっと安いかもしれません。

 

家賃は貯金をする上で非常に重要なポイントです。

理想は実家に住むことですが、そうもいきません。

 

住宅手当など会社からの補助があれば、都内でも家賃を減らすことができるので、就職時には住宅手当は要チェックです。

 

光熱費

1万円としていますが、年間の月平均が1万円です。

夏場は電気代が1万円を超えますし、春秋は3千円以下になります。

 

ペットがいるので24時間エアコンを付けていますが、そうでなければ電気代2千円、ガス代2千円、水道代2千円の合計6千円以内に収まるでしょう。

光熱費を節約したいのなら、都市ガスの物件を選び、お風呂は溜めずにシャワーだけにすることがポイントです。

 

ガス給湯器は電気代がかかるので、ガスを使わないときは電源を切るようにしましょう。

 

通信費

通信費はネット使い放題で5千円です。

格安SIMとポケットWi-Fiを組み合わせて使っています。

 

現在大手キャリアで契約している人は、端末代を払い終えたら格安SIMに乗り換えましょう。

3GBプランでも月額1500円前後で契約できます。

 

▼スマホの月額使用料を1130円に節約した話はこちら

あわせて読みたい

 もさここんにちは。貧困アラサーもさこです。 私は貧困すぎてガツガツ節約しないと生きていけない独身アラサーなので、さらに通信料を減らすために格安SIMの乗り換えをしました。&n[…]

【通信費をさらに節約】スマホ月額使用料を1310円から1130円に節約できた話

 

交通費

ここでは交通費を、通勤以外で使った電車代やガソリン代とします。

要は、定期区間外へ出かけるときの電車代ですね。

 

大体3千円ちょっとと、通勤用の原付のガソリン代で毎月大体4千円くらいです。

当たり前ですが、タクシーは使わずに徒歩やバスを利用しています。

 

食費

食費の毎月の予算は1万円。

友人との外食はお小遣いから出しているので、ここには含みません。

 

食事は原則自炊で、職場にはお弁当を持っていきます。

もちろん水筒で飲み物も持参です。

 

自炊というと手間がかかると思われるかもしれませんが、お弁当用に作るのではなく夕食の残りを詰めているのでそこまで負担を感じたことはありません。

 

消耗品

トイレットペーパーやシャンプーなどの消耗品の予算は5千円。

毎月買うものではないので、予算をほとんど使わない月もあれば、少しオーバーしてしまう月もあります。

 

ポイントは、安いからと言って買いだめせず、無くなりそうになったら買うようにすることです。

ストックは持てば持つほど節約になりません。

 

お小遣い

私の月のお小遣い予算は2万円。

月によってはオーバーすることもあり、予算が守れているとは言い難いですが……。

 

ここから飲み会費やペット用品代を出しています。

 

手取り年収250万円で100万円貯金 まとめ

 

見てお分かりいただけたと思いますが、めちゃくちゃ節約している!という訳ではないのです。

 

自炊さえできれば、あとは普通に暮らしているだけで勝手に年間100万円が貯まっています。

その自炊が…という方は週に何回と決めて自炊するだけでも節約になりますよ。

 

あと、自炊といってもInstagramなどにアップされている写真のようなごはんを作る必要はない、ということも覚えておきましょう。あんなの私には毎日は絶対無理です。笑

スポンサーリンク
>人気シリーズ「超初心者の株式投資日記」

人気シリーズ「超初心者の株式投資日記」

貧困アラサーが100万円を元手に株式投資に挑戦。その実録を大公開!