買い置きは節約にならない!?本当に節約したいなら正しい買い置きをしよう!

 

「本日セール シャンプー 〇〇円! お一人様2点限り」

 

ドラッグストアへ洗剤を買い物に行って、シャンプー売り場にこんなPOPが貼り出されていたらどうしますか?

 

 

もさこ
シャンプーはまだストックが1本あるけど、いずれ使うものだし買っておいて損はないよね。せっかくだから2本買おう♪

 

 

こんな風に考えて、今すぐに必要なものでないのに買っている方も多いと思います。

 

実はそれ、節約どころか余計な出費になっている可能性があります。

 

 

もさこ
!?

 

 

この記事では、節約するために買い置きをやめるべき理由について書いています。

 

 

 

 

スポンサーリンク

買い置きのデメリット

 

 

買いすぎてしまう

 

買い置きをしていると、ストックの数を管理しきれなくなる場合が多いです。

 

私も、以前は買い置きをしていましたが、

やはり自宅に何がどれくらいあるのか分からなくなり、歯磨き粉が4〜5本買い置きされていたこともありました。

 

歯磨き粉なんて、そうそう使い切るものではありません。

 

4〜5本なんて、使い切るのに少なくとも1年はかかります。

 

節約のつもりが、結局余計な出費をしていたのです。

 

 

置き場所が必要になる

 

買い置きしたものを置く場所が必要になります。

 

一軒家であれば、倉庫など収納場所も多くあるでしょう。

 

しかし、

ワンルームなど収納スペースに限りのある部屋に住んでいる場合は、そもそも置き場がありません。

 

狭い収納スペースを有効活用するには、買い置きをたくさんするべきではありません。

 

 

家計管理がしづらくなる

 

買い置き分を買った月は支出が多くなりますし、買い置きで過ごした月は支出が少なくなります。

 

つまり、

その月に使ったものが分からないので、予算を立てづらくなります

 

先月は余裕で予算内に収まったけど、今月は買い置きしたから予算をオーバーしてしまった、なんてことになります。

 

これでは節約なんて到底できません。

 

スポンサーリンク

買い置きのメリット

 

 

ここまで買い置きのデメリットをお話ししてきましたが、買い置きのメリットもあります。

 

 

安く買える

 

安くなっているときに買っておけば、普段よりもお得になります。

 

消費期限のないものであれば、安いときにまとめ買いをするとかなりお得になるかもしれません。

 

 

いざというときに助かる

 

買い置きをしていないと、シャンプーを使おうと思ったのにストックがない!なんてことにもなります。

 

しかし、買い置きがあれば、そんな事態にはならないでしょう。

 

しょうゆが切れて、近くのコンビニで割高のしょうゆを買う、なんてことも避けられます。

 

 

 

正しい買い置きの仕方

 

 

買い置きのメリット・デメリットをあげました。

 

デメリットだけを取り上げて、買い置きは節約にならない!と言うこともできますが、

私は正しく買い置きをして節約することをおすすめします。

 

正しい買い置きとは、

 

・残りが半分以下になったら買い置きとして1つだけ買う

・残り量が分からなければ買わない

 

です。

 

大事なのは「そろそろ無くなるな」と思ったものだけを買い置きの対象にすることです。

 

例えば、

「シャンプーがもう少しで無くなりそうだったな、洗剤は確か半分以上あったはず。トイレットペーパーはどうだったかな?」

 

こんな場合を考えてみましょう。

 

このとき、

ドラッグストアでセールになっていたら買うものは、シャンプー1つだけです。

 

洗剤はまだ残りがあることがわかっていますし、トイレットペーパーは残り量が不明です。

 

ですので、この時点でトイレットペーパーは購入しません。

 

ここで残りが分からないトイレットペーパーを買ってしまうと、買い置きしすぎてしまう可能性があるからです。

 

どんなに安くなっていても、買うのは確実に残りが少ないと分かっているものにしましょう。

 

それも、2個も3個も買うのではなく、1つだけです。

 

 

 

まとめ

 

 

買い置きは、

 

・買いすぎてしまって出費が増える

・家計の管理が難しくなる

・置き場所が必要になる

 

といったデメリットが多いです。

 

しかし、デメリットばかりではなくメリットもあります。

 

・セールのときに買うと安い

・ストックがあれば無くなって困ることがない

 

ですので、

買い置きは絶対ダメ!という訳ではなく、正しい買い置きをしましょう。

 

繰り返しになりますが、正しい買い置きは、

 

・残りが半分以下になったら買い置きとして1つだけ買う

・残り量が分からなければ買わない

 

です。

 

安いからといってなんでもかんでも買うのではなく、

残りが少なくなってきたものを1個だけ購入することが節約にもっとも効果的です。

 

正しい買い置きをこころがけて、節約に繋げましょう。

 

↓食費を現金で管理するだけで節約になる理由について知りたい人はこちらをクリック

関連記事

 食費の管理、どうしていますか? クレジットカードで支払っていていくら使っているか分からない、そもそも予算を立てていない、なんて方はいませんか? 食費を節約したい場合は、[…]

 

 


スポンサーリンク
>人気シリーズ「超初心者の株式投資日記」

人気シリーズ「超初心者の株式投資日記」

貧困アラサーが100万円を元手に株式投資に挑戦。その実録を大公開!